周辺機器のケーブルを収納して管理しよう

PCへの接続機器が増えると、それにあわせてケーブル類が増え、机の上や下、また部屋のまわりにケーブル類が増加してしまいます。見た目にもよろしくないですし、また踏むような位置にあると断線、果てはケガや火事などの原因にもなりかねません。そこで、見た目をスッキリするだけでなく、収納にも便利なケーブルをまとめる便利なものを紹介いたします。

特にゲームパソコンは液晶モニター、キーボード、マウスだけでなく外付けサウンドカード、外付けHDD、キャプチャデバイス等、通常使用よりも接続するものが多い傾向があり、どうしてもケーブルがごちゃごちゃになります。ホコリが溜まりやすくなりますし、いざケーブルを抜こうと思ってもどれがどれだかわからなくなります。ケーブルを管理することはあらゆる面でメリットだらけです。

ケーブル収納ボックス

見た目少々大きいですが、ケーブル類を一気に収納できる収納ケースです、40cm×15cm×13cmの収納スペースがあるので、その中に電源タップやACアダプタなどの類を入れておけます。

コンセントの抜き差し回数が多いということでなければ、これに収納しておいておくと、かなり見た目がスッキリいたします。やはり多くのコンセントを出しっぱなしにして、目に付く位置にあると、片付いてないというのは微妙なストレスにもなるので、目に見えないというのは重要だと思います。

コード収納Sボックス

コード収納Sボックスの大きさは上記のものより小さいので、コンセントごと収納とは行きませんが、ACアダプタやハブなどを収納するのに便利な小型のボックスです。
なにより配線を出す口が左右に5つずつあるので、色々な配線を絡ませることなく排出できることが強みだと思います。

USB-HBX710BK

USB-HBX710BKは机上に沢山たまりがちな、USB充電機器をまとめる収納BOXです、USBポートが7ポートあり、ACアダプターもついている収納なので、この収納BOXから、外付け機器やスマートフォン、携帯ゲーム機などの充電は勿論のこと、PCに接続すれば各機器にも接続が可能です。

非常に収納にすぐれたHUBと考えていただければよいと思います。HUBも置いておくと、線がからまったり、どの線がどれだかわからなくなったりするので、こういった収納のついたHUBBOXは机上にあると便利ですね、収納場所を選ばない、横置きや縦置き、机の横やPCの横に貼り付けることも可能です。

収納ケース付きデスク

これはもう、PCデスク自体に収納がついているというものです、電源タップもついているし、ケーブル類の通し穴が計6つもついているので、自由なケーブルレイアウトが可能です。これからデスクを購入するようなら、こういったケーブルを通すことができるものを選んでおけば、あとで、机上のケーブル地獄になることも防ぐことが可能です。120cm×60cmのスペースがあるので、机上でPCを扱うのにも非常に便利です。

やはり、少しでも片付いていたほうが、見た目にも嬉しいですし、なにより断線など、またケーブル躓きによるケガや、へたすれば火事ということも防げるので、収納上手になる上記のものなどを購入して、スッキリ快適なPCライフを送りたいですね。